調査レポートREPORT

2022年11月04日
業界レポート

【業界レポート】建機リース・レンタル業界

公開日:2022年11月4日

レポートサマリー

基礎知識

油圧ショベルやクレーンなど建設現場で使用される各種機械をレンタルまたはリース方式により提供する。
建設機械は固定費負担が重いため、利用者は必要な各種機械をレンタルを活用することで固定費の変動費化を図ることができる。

業界動向

経済産業省の「特定サービス産業動態調査」によると、土木・建設機械レンタルの年間売上高は2021年度で1兆1,153億円となった。本業界は主要顧客である建設業界の動向に強く影響を受ける。国内の建設投資額は堅調に推移することが予想される。

今後の焦点

国内では、大手事業者が営業基盤拡充のため地方で有力なリース事業者を吸収するなど業界再編が進んでいる。
また、内需の低迷や円安により中古建機の海外輸出が活発化している。加えて、海外での建機リース・レンタル事業は成長途上であることから海外で事業展開を行う企業も出ている。

 

レポートを読む(PDF:1.20MB)

CONTACT

ご依頼やご相談など
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせフォームCONTACT FORM
コンサルティングに関するお問い合わせ、ご相談は、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォームへ
お電話でのお問い合わせCONTACT FORM
お電話でのお問い合わせも承っております。
【受付時間】平日9:00-17:00
076-223-9860